ひとことで「サロンでの脱毛」といっても、その脱毛方法は様々です。

今現在主流となっているのは「フラッシュ式」という脱毛法で、文字通り、光を利用してムダ毛を処理します。

メラニンに反応する光を一度に広範囲に照射し施術できることから、時間もかからず、両ワキならば10分もあれは施術が完了するほどです。

また、特殊なフィルターを通しての照射の為、肌への負担が少なく、勿論ヤケドの心配もありません。

痛みは、一般的には”ゴムで弾いたような痛み”と称されていますが、場所によっては針で刺すように感じる事もあります。

しかし、一瞬の痛みですので我慢が必要なほどではありません。

値段も安く、短時間。このフラッシュ式脱毛が普及した事が、脱毛サロンの普及に繋がったと言っても過言ではないほど、利用者に優しい脱毛法です。

レーザー脱毛もフラッシュ式と同じように、光で処理する方法です。

医療機関の脱毛施術で使用する機器もレーザーですが、サロンで使われるレーザーは、医療機関で使用されるものに比べると、その威力は抑えられています。

フラッシュ式と比べれば照射範囲は狭くなりますが、その分ピンポイントで照射され、脱毛効果が高いとされています。

そして、一昔前に脱毛サロンで主流だった「ニードル法」。

”サロンでの脱毛は痛い!”という印象を植え付けたのは、この施術方法です。

電気の通った針を毛穴に刺して処理する方法で、その除毛効果は確実なため、今でもこの方法を取り入れているサロンはあります。

しかし、非常に痛く、非常に時間がかかるというデメリットもあるのが難点です。