東京都議会で、塩村文夏議員に対してあびせられたヤジが問題になり、ついにヤジった本人が
自分が言いましたと記者会見することになりました。

ヤジは議会の華という時代もありましたが、それはヤジにも品格があり
ヤジによって、発言中の議員の発言内容がよりいっそう強化されたりするからであって、
今回のようなセクハラではなかったはず。

それより何より、ヤジについて取材を受けているときに、張本人がしらばっくれて
他人事のように、「そんな下品なヤジを言った人は議員辞職すべき」とまで言っていたことでしょう。

この結果、都の議員だけでなく、議員と呼ばれる人が言うことの重みがすっかり失われ、
議員の言葉が信用されなくなるということです。

彼は、ヤジったことよりも、その後の対処で議員という立場の人々すべてへの信頼を
軽くしてしまったという点で大きな過ちを犯したようです。